際立った家長昭博のボールキープ力 富士ゼロックススーパーカップを解説

2021年2月20日富士ゼロックススーパーカップで川崎フロンターレVSガンバ大阪の試合があり、結果としては3−2で川崎フロンターレが勝利しました。

私の個人的な感想で言うと、この試合の中で特に際立ったプレーをしていたのが川崎フロンターレの家長昭博でした。
早速ですが、どこが際立った部分なのかを解説していきます。
サッカー初心者の方やサポーターの方に、このような目線や楽しみ方があると気づきを提供できたら嬉しいです。

Embed from Getty Images


川崎フロンターレ家長昭博の凄さ

とにかくボールキープ力が高く、自陣でも相手陣地でもボールをなかなか取られませんでした。
中村憲剛も解説で言っていましたが、独特の間合いで飛び込めません。飛び込むと逆を取られてピンチを招きます。

「点取る方がすごくね??」という意見も勿論ありますが、
元サッカー選手的にみると、家長の「ボールを奪われない技術」がフォーカスされてなくて悲しいので解説していきます。

ボールを奪われないことは何故良いのか

サッカーでは当然ながらボールを奪われた瞬間、攻撃は終了してしまうからです。極論を言えば、奪われなければずっと攻撃ができます。
しかし一番の目的はゴールを奪う事なので、ボールを奪われないようにボールをゴールに近づけていくという事が重要になってきます。

そのためにまず第一歩としてボールを自陣・相手陣地でボールを奪われないことが必要になります。

相手陣地でボールキープするのは難しい

私も前線のプレーヤーだったのでよくわかっているつもりですが、相手陣地でボールを奪われないというのは非常に難易度が高いです。
なぜなら、相手はボールを奪うために自陣をコンパクト(スペースがあまりない状態)にして守備網を形成しているからです。

更に言うとただボールを奪われないだけでなく、ゴールに近づくようにボールを運んでいくというのは、更に難易度が高いです。
前にボールを進めると言うのは、相手がボールを奪いやすい状態(ボール保持者が前を向いた状態)で相手守備網に飛び込んでいく事であり、非常にチャレンジングなプレーです。

家長はこのチャレンジ時の成功確率が異常に高いので、効果的にボールを前に進めることができています。
そこには「ギリギリまで相手を見る習慣」が起因していると私は思います。

ギリギリまで相手を見る習慣

Embed from Getty Images


家長は全くボールを見ず、相手や周囲の環境に目を凝らしています。
相手DFの目線や足の動きをよく見て、相手の動きを予測しています。

そのため、相手の逆を取るのが非常に上手です。

「相手はこっちから足を出してくるな、フェイク入れて逆を取ろう」
「相手は勢いつけて飛び込んでくるな、体を思いっきりぶつけてブロックしよう」

と、相手がよく見えているのでボールを奪われない最善の選択ができています。

またゴール前でも相手をよく見ているので、ドリブルで仕掛けて相手の逆を突き、ゴールを決めたりチャンスメイクもできます。

また家長は味方の動きもよく見ています。
なので、味方が相手の逆を取った動きに対して適切なタイミングでパスを供給できます。
前半2得点目の際に三苫に出したスルーパスはまさに味方を見ていたプレーでしたね。

現役プレーヤーへのメッセージ

相手をよく見ると言うのは日々意識しないとできるようになりません。

私は学生時代にFWからボランチになりました。その際キープ力が無くてボールをよく取られていたので、相手を良く見るというのを意識して練習に取り組んでいました。最初のうちはボールを取られすぎてベンチ外になってしまいました。(私自身よく悩みました、、、)

しかし1年粘り強く相手を見ていると相手や周囲を見ることが習慣化し、全くボールを取られなくなり、スルーパスもバシバシ決めれるようになりました。

特に中盤の選手でボールを取られて悩んでいる選手は、ボールを見る回数を減らし相手や周囲を見る回数を増やしましょう!

この記事がどこかのサッカープレーヤーの一助となれば幸いです。


にほんブログ村 にほんブログ村へ