レアンドロダミアンの輝き 川崎フロンターレVS横浜Fマリノスでのチーム貢献

2021年Jリーグ開幕戦の川崎フロンターレVS横浜Fマリノス。結果は2-0で川崎が勝利しました。この試合で輝き勝利に貢献した川崎フロンターレのレアンドロダミアン選手を紹介します。

どこがチームの勝利に貢献したのかをわかりやすく解説していきます。

川崎フロンターレ レアンドロダミアンの献身性

Embed from Getty Images

2020年時とは見違えるような献身性を発揮しチームを助けていました。
具体的には守備時のスプリント数が非常に多かったことが、相手にストレスを与え続けました。

FWの守備は本当に大変

Embed from Getty Images

最近は世界的に前線からのハイプレスが主流になってきて、FWにも質の高いプレッシングを求められることが多くなりました。
しかしFWでの守備は本当に大変です。理由は2つあります。

  1. 前線は人が少ないので、プレッシングでのランニング距離が長い
  2. 守備で体力を使うため、攻撃時に体力が残ってない


私自身FWを何度も経験しましたが、相手DFラインのパス回しを追うときのランニング距離はめちゃくちゃに長いです。追いかけ回すと非常に体力を使います。

そのためボールを奪えたときには既に疲弊しきっている状態になり、シュートで踏ん張りが効かなかったり、ドリブルで仕掛けられなかったりします。

FWが求められるのはゴールなので、できるだけ体力を守備で使いたく無いのが本音なのです。

レアンドロダミアンの守備によるチーム貢献

レアンドロダミアンはこの試合で、出し惜しみする事なく体力をフルに守備で使っていました。ボールを奪われた瞬間のスプリントや、相手にボールを上手く回された後の連続したスプリントを愚直に続けていました。

おそらくダミアンは自身の得点よりも、チーム貢献を最優先したのだと思います。この割り切りがFW的な感覚からすると、なかなかできるものでは無いです。

このスプリントをダミアンがすることで、周囲の選手は大変助けられます。なぜならダミアンが守備に奔走してくれなければ、後ろから守備を前線に足していかなければならず、自陣が手薄になっていき失点のリスクが増えていくからです。

なぜダミアンは守備をするようになったのか??

個人的には2つ理由があると思います。

  1. 副キャプテンに就任したことでチーム貢献を最優先する思考になった
  2. 小林悠とのポジション争いで、差別化を図るため

ダミアンが守備をするようになったので小林悠との違いは明確なものになったと思います。
守備をしっかりする選手をスタメンに配置し、点が取れる選手を後半から投入するという明確な棲み分けが可能になりました。これで鬼木監督的にもスタメンを選びやすくなりましたね。

最後に

Embed from Getty Images

レアンドロダミアンは元々ゴリゴリのストライカーです。しかし真面目で実直な文化を持つ日本に来て、Jリーグや川崎フロンターレに順応しよう・居場所を作ろうと踠いています。
最終的に「懸命に守備をする」という決断をしたダミアンのプレーは輝いていました。

そして交代時に等々力競技場からダミアンへ拍手を送られていましたね。川崎サポーターの暖かさを感じました。

このような目線でサッカーが見れるとまたひと回りサッカーが面白くみれるようになります。
より皆様のサッカー観戦が面白くなるように今後も頑張っていきます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ