ヴィッセル神戸大逆転劇の要因を紐解く〜貢献度の高い3名のプレーを紹介〜

Embed from Getty Images

2021年シーズンJリーグ第6節で、ヴィッセル神戸がコンサドーレ札幌に3点差からの大逆転を果たしました。
ヴィッセル神戸は疲労を鑑みて主軸選手を温存しているメンバー編成となっており、前半はコンサドーレの一方的な攻撃を受ける苦しい展開となっていました。DFラインを押し上げることができていなかったため、前線で久々にスタメン出場となった藤本もなかなかボールが収まらず、孤立する場面が目立ちました。

後半からコンサドーレの前線選手が疲弊したために、ヴィッセル神戸がボールを保持する展開となり、最終的には古橋2得点・山口蛍2得点の計4得点を上げ大逆転を果たしたのですが、この逆転劇には非常に貢献度の高い選手が3人存在していました。

その3名の素晴らしいプレーを紹介していきます。

①酒井高徳の金子拓郎・ルーカスフェルナンデスへの対応

Embed from Getty Images


実はこの試合で最も目立っていたのは酒井高徳のDF能力です。特に相手との間合いを詰めるスピードと迫力は、素晴らしいクオリティーでした。

DFは間合いが命で、近ければ近いほど相手にプレッシャーをかけることができボールを奪う確率が上がります。一方で近すぎると、ドリブルが上手い選手に躱された瞬間に体を入れ替えられ、簡単に抜かれてしまうリスクがあります。
酒井高徳は海外で鍛えられたパワーとスピードがあるため、抜かれてしまってももう一度追いつける選手です。なので、非常にチャレンジング(=非常に相手と近い)な間合いを取っています。これはドリブラーからすると非常にやりにくい間合いとなっていて、ルーカス・金子はその間合いに苦戦していました。


金子への対応は前半・後半通して左足を完璧に封じる対応をしており、コンサドーレの若きエースを空気にさせることに成功していました。ルーカスへの対応でも間合いを詰めて自由にボールを触らせず、質の低いクロスを上げさせる程度に抑えていました。

一挙手一投足の集中力と強度が非常に高く、愚直なプレーの積み重ねがヴィッセル神戸に流れを導く大きな要因になっていました。

②佐々木大樹のキープ力

ヴィッセル神戸の前線は、前半は藤本で背後を取るプレーを得意とする選手でしたが、苦手なポストプレーを強いられる局面が非常に多く、前半は相手陣地でなかなかボールが落ち着かない苦しい時間が続きました。後半は古橋が前線に入り、ポストプレーを主に佐々木が担っていました。完全に相手を背負うのではなくスペースに流れながら落ち着いてボールを保持できたため、ヴィッセル神戸の攻撃時間が非常に長くなりました。
運動量も非常に豊富で、サイドに流れて時間を作るプレーはヴィッセルに攻撃の流れを持ってくる大きな要因になっていました。

ボールを保持するだけでなく、右サイドから2人をドリブルで躱し優しいラストパスを供給して山口蛍の逆転ゴールをアシストするなど、結果としても貢献度は非常に高いものがありました。

③山口蛍の運動量と技術

Embed from Getty Images


山口蛍の自陣でのボールポゼッション能力、ボール奪取能力、スプリント回数、後半の攻撃参加は間違いなく日本代表トップクラスでした。自陣でのボールを受ける前の駆け引き、サイドチェンジの質の高さはピカイチでコンサドーレの選手も非常に手を焼いていました。守備面ではセカンドボールやルーズボールを幾度となく拾い、ボールを失わずに攻撃につなげていました。
後半は積極的な攻撃参加からミドルシュートで2得点を上げ、攻撃能力の高さも見せつけており間違いなくこの試合のMVPでした。

最後に

Embed from Getty Images


ヴィッセルは勝ちはしましたが、試合を通して前線の選手に迫力が足りませんでした。古橋の得点も相手のミスとPKです。
相手組織などお構いなしの爆発的な攻撃力を持ったFWが1人いないと、今後勝利を積み重ねていくのは難しいように感じます。ドゥグラス、リンコン、マシカが今後どのような活躍を見せてくれるか楽しみです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ