元プロサッカー選手が第1256回 mini toto-A組を予想してみた

どうも!元プロサッカー選手のフラノです。
今回は2021年9月11日に開催されるJ1リーグが対象の、第1255回mini toto-A組を予想していきたいと思います。
あくまで個人的な考えを元に予想していますので、大目に見て頂けると嬉しいです。

第1255回 対戦カード

鹿島アントラーズVSアビスパ福岡予想

鹿島アントラーズ勝利を予想します。

鹿島は福岡相手にホームで負けた事がありません。
数字を見れば鹿島が勝つ確率の方が圧倒的に高いでしょう。


しかし福岡は川崎を倒して、次の徳島戦も勝利し2連勝中と勢いが良いのが特徴。
さらには鹿島は主力CBの町田と犬飼を欠く試合になることがネック。

とはいっても、鹿島の熱いサポーターの前では選手も気持ちよくプレーできることですし、
上田や荒木といった前線の選手も迫力抜群です。

鹿島が優勢でしょう。

セレッソ大阪VSコンサドーレ札幌予想

セレッソ大阪勝利を予想します。

理由は明白で、9月8日のリーグ戦でコンサドーレを3ー0でセレッソが倒しているからです。
セレッソは小菊監督に変わって以降、若手中心のメンバー編成になっており、
非常に躍動感があって、チャレンジングなサッカーに様変わりしており、
それが良い結果に結びついています


一方、コンサドーレは終始ボールを支配しゲーム展開は優勢に進めるも、無得点。
ロペスが移籍してしまい、決定力には課題が残っている。

直近5試合で見てもセレッソが4勝1敗と大きく勝ち越しており、
数字で見てもセレッソが優勢でしょう。

大分トリニータVS湘南ベルマーレ予想

引き分けを予想します。

今節1番予想が難しいゲームですね。
順当に行けば湘南が優勢ですが、湘南は山口監督の初陣という事で、
そんな簡単に結果がでるとは思えません。

一方、大分も積極的な前線の補強も実らず、直近5戦で1分4敗と絶不調。

共に上手く軌道に乗れないチームの対戦という事で、手堅く引き分けを予想します。

サガン鳥栖VS清水エスパルス予想

サガン鳥栖勝利を予想します。

鳥栖VS清水の直近5戦では1勝1敗3分で、五分五分の試合を重ねている両者。

しかし、今シーズン安定したパフォーマンスを見せているサガン鳥栖は、
前節も難しい試合をエドゥアルドのFK1撃で勝ち切るなど、
前シーズンにはない力強さを感じます。


清水は守備力に定評があるものの、攻撃力が大きな課題。
リーグ直近5戦も勝ちきれておらず、今節も得点力不足に苦しむ事が予想されます。

サガン鳥栖の今シーズンの力強さに一票です。

サンフレッチェ広島VS横浜Fマリノス予想

横浜Fマリノス勝利を予想します。

マリノスは今シーズン前線の迫力が桁違いに良いです。
三苫が抜けた川崎フロンターレよりも、今は横浜の方が攻撃力があるでしょう。


レオセアラ・エウベル・仲川・前田・マルコスといった攻撃陣を広島が無失点で抑えるのは、
非常に難しいでしょう。

サンフレッチェは川辺が移籍した事で、中盤のボール運びが行き当たりばったりになってしまった印象。
前節もヴィッセル相手に引き分けに持ち込むも、不用意な退場で非常に苦しい展開でした。
攻撃はジュニオールサントスの個の力に頼ってしまう部分があり、あまり期待できないのが直近です。

横浜が優勢でしょう。

最後に

上記はあくまで個人的な予想になります。もし面白いと思っていただけたら、皆さんのご意見をコメントしてもらえると嬉しいです。今後の予想の参考にさせていただきます。


にほんブログ村 にほんブログ村へ